【職務発明規程の改訂による一括払い方式の導入と遡及適用の実務】

 3月10日(金)午後1時30分から「職務発明規定の改訂による一括払い方式の導入と遡及適用の実務」をテーマにセミナーを開催します。
 講師には、TH弁護士法人の高橋淳弁護士・弁理士にお願いしました。
 
  セミナーでは、職務発明規定の変更など企業が対応しなければならない実務上のポイントについて、一括払い方式の導入や退職者や出向者への対応、遡及適用の実務まで含めて、これから何がどこまで必要か高橋弁護士が実際な問題点を具体的に解説します。
髙橋 淳氏(TH弁護士法人 弁護士 弁理士)
3月10日(金)13:30~16:30 ¥34,700
職務発明規程の改訂による一括払い方式の導入と遡及適用の実務
~実績補償方式廃止の合理性確保のポイントから退職者対応等まで~
  1.現行特許法35条の内容及び制定経緯
  2.原始帰属化に伴う問題
  3.実績補償方式から一括払い方式への変更  他 
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290475m.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする